↑目次


目次が表示されない方は左上の3本線をタップすると表示されます



青汁




青汁と聞くと苦くて飲みにくい、罰ゲームで飲む物、のようなイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、最近はとても飲みやすい粉末タイプのものや蜂蜜が入っているような青汁まで様々な種類の青汁があります。


また市販のものだけではなく自分でジューサーやミキサーを使って絞るという方法もあります。


ここでは青汁の効能や実際に私が飲んでいた青汁や使っていたジューサーなどについて記載して行きたいと思います。



●青汁の効能


➊強い抗酸化作用


活性酸素の害を抑制し抗酸化作用があるビタミンcやβカロチン、ビタミンEなどが豊富。




➋血液を綺麗にし、血管を丈夫にする


生野菜には血液を綺麗にする作用があり、動脈硬化などの進行も遅らせます。



➌便通を良くする


青汁のカリウムマグネシムなどが蠕動運動を高め便通を良くします。



➍体質改善や美容効果



青汁のデトックス効果は凄まじく、栄養素が詰まっており肌や体質改善にとても良いです。


➎免疫力があがる



体内のインターフェロンや白血球が増え免疫機能がアップします。



他にも様々な効果がある青汁ですが、青汁良い点として大量に野菜を食べなくても飲むだけで野菜の栄養素を体に取り入れられるという点だと思います。


特にジューサーを使えば、酵素が壊れることなく生きたままの栄養が摂取できます。



●私が使用していていた粉末タイプの青汁


粉末タイプの物は大麦若葉のこちらの青汁を飲んでいました。

無農薬で作られておりその後再度検査され、残留農薬などの確認など丁寧な審査の後商品化されています。

栄養素などについてはこちらの大麦若葉のホームページをご覧ください。


●私が使用していたジューサー


正直言って値段は高いですが性能は抜群です。

様々なジューサーがある中から値段と機能性と様々な視点から選びました。


青汁を作るという点では自信を持ってお勧めできます。


ただ値段は高いのでお金に余裕がある方向けです。


当時私は食事療法にかけていましたし、稼いだお金を全て治療のために投資していました。


しかし市販の野菜ジュースでも9割ほどの効果があるそうなので無理して購入することは勧めません。


ただ使ってみてこのジューサーはかなり良かったです。

実際に絞れる量や絞りかすの量などこちらのブログの方に記載しておくので興味がある方は見てみて下さい。



又はジューサーは高くて買えないけどどうにか野菜を健康的に摂取したいという方はミキサーを使ってスムージーを作っても良いと思います。


甲田先生自体も青ドロと言って野菜をスムージーにした物を勧めています。


普通に噛んで食べるよりスムージーにしたほうが消化も良く吸収率も上がります。


とは言え胃腸が弱くお腹が張るという事で


あればやはりジューサーで絞ったものや市販の野菜ジュースが良いでしょう。
ちなみに私の勧めるミキサーはこちらです。

私が使っていたのはこれの古い形で、こちらがグレードアップしたバージョンになります。

こちらのミキサーについての詳細はこちらのブログに記載しておきます。