↑目次


目次が表示されない方は左上の3本線をタップすると表示されます



自立支援医療制度




自立支援医療制度とは、心身の障害を除去または軽減させるために病院に行くとき、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。


対象者は精神通院医療、更生医療、育成医療の3種類になります。 


今回は精神通院医療に絞ってお話しさせて頂きます。 


精神通院医療の自立支援制度を受けることによってどのようなメリットがあるかというと、原則として医療費の負担が1割負担となります。 


私もこの制度を知ったのが最近で今まで3割負担で受診していたので負担が減りました。 


またそれぞれの世帯の所得によって上限額が設定されています。 


上限額とはどれだけ通院してもその設定された上限額以上のお金はかかりません。 


詳しい世帯所得による上限額はこちらの厚生労働省のHPに乗っているので参考にされてください。 


●この制度の使用が出来る治療の範囲


精神疾患や精神障害によって生じた病態に対して入院しないで行われる治療 
(投薬 デイケア 訪問診療 診察料) 

などになります。 



●対象外の治療について


●入院治療 

●公的医療保険が対象にならない治療、投薬など(病院や診療所以外でのカウンセリング等) 

●精神疾患、精神障害と関係のない疾患に対する医療費 

これらの治療は制度の対象外となります。 

投薬と書きましたがもちろんお薬代も減額の対象となります。 


精神通院医療制度の申請は市役所で行われます。


申請の際に必要なものがいくつかあるので説明したいと思います。(都道府県によって異なることがあるので詳しくは窓口でお聞きください) 


●自立支援医療診断書 


精神通院している病院の主治医の先生に 
診断書を書いてもらう必要があります。 

自立支援制度を受けたいですと言えば診断書を書いてくれると思います。 

診断書の値段はだいたい3000円程度になります。 



●自立支援医療制度(精神通院医療)支給認定申請書 


申請する際に必要な書類で、窓口でこの申請書はもらえます。 

難しい書式ではないのでその場で記入することができますが、1つ気をつけて頂きたいのは薬局は1つ指定した薬局でしか自立支援制度を使うことができないのであらかじめ使う薬局を決めて薬局の住所を控えておくことを勧めます。 


●印鑑

●マイナンバーカード(番号だけでも可)

●保険証

になります。

例えば住所が変わり他の市町村に住むこととなってからすぐに申請を行う場合は非課税書の取り寄せなどまた違ったものが必要になってくるので窓口で確認されてください。

基本的にはこの5点で申請ができます。


申請をした日から制度を受けることが可能ですが受給者証は数ヶ月ほど後に送付されてきます。


●有効期限


有効期限は1年で手続きは有効期限の3ヶ月前から出来ます。

診断書にあたっては2年に1度の提出となります。

また指定した薬局や病院を変える場合市役所に再度届出をする形となります。

以上が精神通院医療制度の説明となります。

わからない点などありましたらこちらの厚生労働省が公開している
自立支援医療についてご覧下さい。