↑目次


目次が表示されない方は左上の3本線をタップすると表示されます



玄米の力


●玄米 

玄米とは精白する前のお米のことを言います。     

玄米は完全食と言われていて、私たちが生きるための必要栄養量を十分含んでいます。

また栄養素の面だけでなく、食物繊維も豊富で腸のデトックス効果もあります。  
  
私自身玄米を食べている時、便通がとても良かったです。  

またGI値が低いため血糖値が白米よりも穏やかに上昇します。   

血糖値の急激な上昇は交感神経を高めますのでそう言った面でも優れていると思います。  

実際に白米と玄米を食べた時の体の反応を実験したことがあるのですが、当時、体がものすごい敏感で、やはり白米の方は息苦しさが増したり、不安が出たりという結果になり、玄米だと息苦しさはさほど出ず不安症状も大幅に増すことはありませんでした。  


かと言ってもちろん白米がいけないわけでは全くないですし、批判するものではないのでご了承下さい。  


精白する前のお米のぬかや胚芽には栄養がたくさん含まれていて白米との比較では以下のようになります。



成分100gあたり      白米       玄米 
エネルギー(kcal)356         348 
炭水化物(g)   77.1              71 
食物繊維(g)    77.1             71 
タンパク質(g) 6                10 
脂質(g)       0.9                 2.7 
ビタミンB1(mg)0.08       0.41
ビタミンB2(mg)0.02       0.04 
ナイアシン(mg)1.2           6.3 
ビタミンB6(mg)0.1          0.5 
ビタミンE(mg)0.2            1.3 
葉酸                      12              27 
カルシウム(mg)5                9 
鉄(mg)             0.8              2.1 
マグネシウム(mg)23        110 
リン(mg)          94              290 
カリウム(mg)115            230 
亜鉛(mg)       1.4                 1.8 
マンガン(mg)0.8               2.05 
パントテン酸(mg)0.66    1.36 
     
       
                                                                                                                                                             
白米と玄米の栄養素では、これほど差があります。


また、上記に書かれた栄養素以外にも多くの栄養素を含んでおり、精神を安定させる効果のある栄養素もあります。


発芽玄米にするとさらに栄養素が増します。     

発芽玄米とは何か、また精神を安定させる栄養素について述べて活きたいと思います。




●発芽玄米 



玄米を発芽させたものです。

市販で売っているもので、すでに発芽させたものもありますが、発芽玄米として買うと値段が比較的高く思われます。
     
私自身お金に余裕がなかったので、通常の玄米を買ってから、水に2、3日間つけて発芽させて食べていました。


また水につけることで炊く時にふっくらとした炊き上がりになるので非常に食べやすくなります。

白米が大好きだけれど、玄米にも興味がある、と言う方は発芽玄米にして食べるのも良いと思います。     


発芽玄米は栄養素が非常に高く、GABAなどの栄養素で例えるならば3倍にもなります。     


続いてはそのGABAや精神に効果のある栄養素について説明していきたいと思います。     




●GABA     



GABAはリラックス効果のある神経物質として知られています。


GABAは脳の血流を活性化させることで神経の高ぶりを抑え、気持ちを落ち着かせる作用があり、アドレナリンなどの興奮作用のある神経物質の分泌を抑えます。 
    
イライラや情緒不安定、不眠症などに効果的だと言われています。




 ●γオリザノール    



自律神経を調整する働きがあり、シミ、小じわの予防効果があるとされています。  
  
またオリザノールには膵臓のB細胞の減少を抑えインスリンの分泌を促進し、血糖値を下げる働きもあると言われています。   
 



●ビタミンB1 



ビタミンB1は神経的ビタミンとも言われていて、不足すると集中力の低下、眠気、イライラなどを引き起こし、精神を不安定にさせます。   


玄米にはビタミンB1が多く含まれているので玄米を食べて補ってあげると良いでしょう。   


今回紹介した栄養素は精神的な効果に絞ってお話しさせて頂きましたが、まだまだ素晴らしい効果があります。

また精神安定効果は検証によっても証明されています。

こちらの学術論文はお年寄りを対象としたものですが参考になると思います。



気になる方は是非ご自身で調べてみるのも良いと思います。   


また土鍋で炊くとさらに旨味が増します。

こちらは1合炊きのもので、一人分作るにはぴったりなサイズです。

 

値段も安く見た目も可愛いので私は重宝しています。

 

この土鍋で炊いてみた感じはこちらのブログに記載してあります。



https://ziritsusinkeikokorotokarada.hatenablog.com/entry/2018/10/05/120443

 


また、玄米が体に合わず消化に悪いと言う方には玄米クリームと言う玄米をミルサーにかけて粉状にしたおかゆを勧められています。 

消化にも胃にも優しく味も私は好きです。 
作り方はこちらのブログに記載しています。



続いて生野菜の力について説明していきたいと思います。