↑目次


目次が表示されない方は左上の3本線をタップされると表示されます



うつ病




一般的にうつ病と聞くと精神を病んだ人のようなイメージがありますが、身体的な症状も多く伴います。


●身体的な症状


頭痛、吐き気、寝ても疲れが取れないまたは眠れない、体が鉛のように重く、立ち上がることすらままならない、思考、判断力が極端に落ちる、目眩、動悸、便秘や下痢、性欲の減退、ひどい肩こり、胃の不快感や痛み、食欲減退、息苦しさなどがあります。



●精神的な症状 


憂鬱な気分、何をしても楽しくない、幸せを感じない、イライラが絶えない、死にたくなるような気分になる。 



●原因


一般的にはうつ病になる原因は1つではなく、様々な原因が重なり起こるものとされています。例を挙げると仕事のストレスや家庭環境、人間関係や食生活など様々な原因が考えられます。

また完璧主義や責任感が強く几帳面な性格、周りへの気遣いが多い人などがなりやすい傾向にあるそうです。



●鬱の初期症状


➊喉のつまり


喉のつまりを感じたら要注意です。
梅核気や咽頭神経症、ヒステリー玉などと言いますが喉にゴルフボールほどの玉が詰まっているような感覚があります。



➋楽しいや嬉しいなどの感情を感じない


鬱になり始めると感情が鈍麻してきます。
楽しいや嬉しいなどの感情が一切なくなり、段々と憂鬱な気持ちで溢れるようになってきます。



 
➌頭痛


上記の症状に加え頭痛もあるのならば要注意です。

私自身も軽い頭痛から症状が悪くなる事に頭が割れそうなくらいの頭痛に襲われました。



➍睡眠障害


鬱になり始めると睡眠がうまく取れなくなってきます。

眠りが浅かったり、寝ても疲れが取れなかったりという場合は要注意です。

この他にも食欲の減退や吐き気など人によって出る初期症状は異なってくると思いますが、主にこの4つの症状があったら無理をしすぎないように心がけてください。

症状が進行してくると息苦しさを感じたり、強い不安感が出てきたりとさらに辛い症状に襲われます。




●重度の鬱症状



➊息苦しさ


常に息苦しさを伴うようになります。

また息苦しさを感じる頃には不安が24時間ともない気分も落ち込み生きていることが辛い状態になってきます。



➋光が眩しい

症状が重くなってくると外で目を開けていられなくなるほど光が眩しく感じます。

自律神経機能が衰え調節する機能の低下が原因と考えられます。


しかし目の病気でも眩しさを感じる場合がありますので他の症状がなく眩しさだけある場合は気をつけてください。



➌体のだるさ


体のだるさは症状が重くなっていくにつれ酷くなっていきます。

やがて起きていることが辛くなるほど体は重くなりリモコンを取る動作すら億劫になります。



➍判断力、理解力の低下


重度化してくると判断力と理解力が極端に低下します。

人と会話していても話が理解できなかったり、何が行動を起こす時にも優柔不断になり判断ができなくなります。



➎激しい気分の落ち込み


何があるわけでもないのに死にたい気分になったり悲しかったりという負の感情が付きまといます。

何をするにしても悲観的になり肯定的に捉えられなくなります。



●私が行ってきた来た治療法



➊食事療法


基本的に私のどの精神疾患も主に食事療法やヨーガで改善したのですが、鬱には特に整食法が効果的でした。

玄米菜食や半日断食ももちろん効果的だったのですが、整食法はより効果的でした。

私の知り合いの鬱の方も整食法ではありませんが断糖食といって同じく炭水化物を控える食事法をしてうつを克服されたそうです。

しかし炭水化物を長期的に抜いているとと危険も伴うので、身体が楽になってくる事に合わせて玄米菜食や半日断食に変更した方が良いと思います。

整食法がより効果的だったというだけで、半日断食や玄米菜食で十分体調は良くなりました。

整食法については目次から飛んでいただけます。


●食事療法によって得られた効果


私が鬱の時に炭水化物を抜いた事によって得られた効果は
身体が軽くなる、息苦しさの改善、不安の軽減や吐き気の軽減などがありました。

細かくいうならばほぼ全ての症状が改善しました。

体重が落ちすぎてしまい2週間ほどでやめましたがそれでも効果的でした。

それ以降は炭水化物も含む半日断食をしていましたがそれでも緩やかに体調は整っていき鬱症状はほとんどなくなるまで良くなりました。

食事療法といっても効果は千差万別なのであまり焦りすぎず自分に合った食事スタイルを探すことを勧めます。



➋ヨーガ


体が動く方は是非ヨーガもオススメですが末期の症状だと動くことすらままならず、吐き気などで食事が取れない方も多いと思いますので整食法などによる食事療法はやりやすいのかなと思います。 

しかしながら私が瞑想会で知り合った方で、仕事のストレスから鬱を発病してからヨガを始めたら鬱が治ったというお話も聞きました。

その方はインドまで行き習ったそうです。

無理のない範囲で体が動かせるのであればヨーガもお勧めです。


➌断食


断食はとても効果的でしたが断食治療法の欄で述べたように薬が飲めないことや好転反応が強く出ることから勧めることは出来ません。


➍漢方


憂鬱な気分や不安には私の場合抑肝散という漢方が効果的でした。


あくまでも私が行ってきた治療を紹介させて頂きました。

一般的に行われている治療やうつに対してなどこちらの厚生労働省が開示しているサイトに記載されているので参考にしてみてください。